肌を入れ替える?!フラクセル2の施術法とは

MENU

最先端治療「フラクセル2」

フラクセル2とは、年齢と共にダメージを受けてできたシミやそばかす、ニキビ跡の肌を、今までのレーザー治療の形状や色調の改善だったのに対し、肌全体を若い健康な肌に入れ替えるという画期的なレーザー治療です。

 

フラクセルは、直径0.1mmの肉眼では見えない極小のレーザーを皮膚1cm四方あたり1000~2000発点状に照射します。
照射した皮膚の表皮から真皮層までの組織にダメージを与えることにより、再生されます。

 

1回の治療で10~20%の肌が入れ替わるので、個人差がありますが治療は5回が1クールとなっておこない、1クール~2クールの治療が必要となります。

 

治療方法は、まず医師によるカウンセリングがあり、お肌の状態を観察し、照射場所を確認します。
その後、洗顔・クレンジングをした後施術開始です。

 

はじめにクリーム状の麻酔を治療箇所に塗り、効き目がでる1時間程度待ちます。
効果が出始めたら麻酔を拭きとり、レーザー治療用のジェルを塗り、フラクセルを照射します。
顔全体にかかる時間はおよそ15分~20分ぐらいです。
その後治療箇所を冷やし、保湿をして完了です。

 

個人差がありますが、日焼けのような赤みと腫れが出てきますが、早い方で2~3時間、まれに1~2日続く方もいます。

 

治療後に気を付けたいことは日焼けです。
治療後のお肌は敏感になっているので日焼けは絶対にしない様にしましょう。
また、照射後は乾燥し、かさぶたによるザラザラ感がありますが、強くこすったり、無理やり剥がしたりしてはいけません。
しっかり保湿をし、自然に剥けてくるのを待ちましょう。