ニキビ跡改善にイオン導入は効果的なのか

MENU

イオン導入とは?

イオン導入とは、皮膚に微弱な電流を流しイオン化した化粧水有効成分を皮膚の深部まで浸透させて、細胞を活性化し「しみ」や「しわ」を改善し、みずみずしい肌を取り戻す方法です。

 

イオン導入では化粧水の有効成分を肌の奥まで届けてくれて、普段の30~50倍の浸透力を発揮させることができます。
同じ成分でも肌への吸収方法で随分と効果が変わってきます。

 

では、そんなイオン導入はニキビ跡にも効果があるのでしょうか。

 

イオン導入では、基本的にビタミンC誘導体やプラセンタを使用します。
ビタミンCには、メラニン生成抑制効果によりシミやニキビ跡の色素沈着の緩和、抗酸化作用、毛穴を引き締める作用、皮脂分泌抑制などの効果が期待できます

 

また、プラセンタに含まれる細胞増殖因子により、コラーゲン増加、しみやしわの改善の効果が期待でき、透明感のあるつるつるのお肌に近づけてくれます

 

治療は主にエステでおこないますが(クリニックで行っているところもあります)顔全体の施術で30分程度かかります。イオン導入する成分で異なりますが、1回あたり5000円~行えます。

 

イオン導入は電流を流しますが、ビタミンC等をお肌に浸透させる為の微量な電流ですので、もちろん人体に影響を及ぼすものではありません。

 

個人差によりますが、ややピリピリと感じることがあります。
イオン導入は、お肌の状態によって1回で効果があらわれる方や、3~4回繰り返して効果を感じる方もいます。
一般的には一週間に一度施術を行うと効果があらわれやすいです