ニキビは、炎症がおこり、化膿してしまうと跡になってしまう確率が高くなります。

MENU

ニキビ跡ができる仕組み

ニキビができてしまった時に、どのようにニキビに対処するかで跡ができるか、きれいに治るかが決まります。

 

アクネ菌が繁殖して、炎症を起こす前の状態、コメドができただけの状態であれば、適切な洗顔と保湿をすることで、ニキビの跡は残らず、きれいに治りますが、炎症がおこり、化膿してしまうと、跡になってしまう確率が高くなります

 

ニキビをつぶしたり、ニキビの炎症が進んだりして、皮膚を傷つけてしまったことによって、毛細血管が切れてしまうと、皮膚の下で出血し、色素沈着をおこし、紫色のシミがニキビ跡に残ってしまうことがあります。

 

このニキビ跡は、肌の新陳代謝が繰り返されることで、次第に薄まっていき、時間はかかりますが、やがて消えますので、正しい周期でターンオーバーするように心がけてください。

 

色素沈着が茶色だった場合は、シミになってしまっています。

これは、ニキビが炎症を起こしたことによって、活性酸素が分泌され、メラニンが大量発生してしまったにもかかわらず、新陳代謝が追い付かなかったからです。
この状態になってしまった場合には、ピーリングレーザー治療が効果的です。

 

ニキビが治っているのに、まだニキビができているように見えるニキビ跡は、ニキビが炎症を起こしたために受けたダメージを回復する為にできた毛細血管が、皮膚から透けて見えるために、ニキビのような赤い跡になっているという状態です。

 

このニキビ跡は、シミになっているわけではないので、正常なターンオーバーを繰り返すことで治ります。

 

ニキビがおこした炎症が、表皮だけではなく、表皮の下にある真皮まで進んでしまうと、クレーター状の跡になってしまいます。
真皮は、表皮と有棘層に間にあるコラーゲンやヒアルロン酸で満たされている層で、肌に水分補給をする働きをしています。

 

この層はダメージを受けてしまうと、角質層のように剥がれて入れ替わるということができないので、そのままダメージが残ってしまいます。
その為、クレーター状の跡ができてしまい、修復することが難しい状態になってしまいます。