ニキビを潰すよりは、自然治癒を待つ方が傷を残してしまうリスクが少なくなります。

MENU

ニキビを潰すはNG行為

「ニキビをつぶした方が早く治癒する。」

 

という言説が流布しているようですが、これは基本的にはNG行為と考えていいでしょう。

 

まずニキビの腫れというのは、毛穴に皮脂が詰まって膨れ上がっている状態です。
多かれ少なかれ、炎症を起こしてはれ上がっているものを潰してしまうなど、ニキビを潰したことのある人は多いでしょう。

 

ニキビを潰したらドロっとした白い液が流れ出てきます。
これは浸出液というもので、実はニキビ菌ではなくニキビを早く治すための白血球だったり、サイトコカインなどの成分なのです。 

 

自分で傷つけて膨らみを壊すよりは、黙って自然治癒を待つ方が、外的な力がかからずに傷を残してしまうリスクは少なくなります。

 

ニキビ跡は重症化してしまうと、毛穴が破壊されて、表面的にもクレーター状のいびつな形状に残ってしまったり、紫ニキビになればケロイド状の皮膚になってしまう可能性があります。

 

特に炎症を起こした状態で、ニキビをつぶしてしまうのはNG行為です。

 

ただ炎症がひどくなり皮膚に膿が溜まるようなことがあれば、病院で注射器などを使い取り除いてくれることもあります。こういった場合はすみやかに医療機関を受診して医師の指示を仰ぎましょう。

 

このように自分でニキビを潰す行為は非常に危険な行為であり、自分の容姿の審美性を大きく傷つける可能性があります。
「ニキビを潰せば早く治る。」という巷に流布している言説を信じて、自分流のアプローチをするのは厳に慎むべきです。

 

ただニキビの予防のためにできることは、潰すことではなく柔らかく丁寧に洗顔するなど繊細なスキンケアが求められます。こちらも医師の指導に沿って適切に行うのがベストです。