ニキビ跡が出来る段階になるまえに阻止しよう

MENU

ニキビの進行は4段階

<レベル1>初期ニキビ

 

 

もう少しでニキビになりそうな状態です。
まだ表面化はしていませんが、古い角質が毛穴をふさいでしまっていたり、角栓が毛穴に詰まって皮脂を外に排出することができなくなります。

 

肌のターンオーバーが正常に行われずに、皮脂が皮脂腺の中に溜まっているというのがこの初期ニキビです。

 

このレベルではニキビすらなっていないのでニキビ跡の心配はありません。
まずはニキビにならないように予防しましょう。

 

<レベル2>できはじめニキビ

 

 

1の初期ニキビの状態が続くと分泌された皮脂がどんどん毛穴へ詰まっていきます。
この状態をニキビ、吹き出物、面皰(コメド)などと呼びます。

 

コメドには白ニキビという古い角質で毛穴がふさがったものと、黒ニキビという毛穴に角栓が詰まったものの2種類のあります。

 

まだニキビ跡になることはありませんが、このまま進行すると注意が必要です。
ニキビの進行を防ぐことにまずは専念しましょう。


<レベル3>悪化ニキビ

 

 

2の状態がさらに続くと皮脂がたまって炎症を起こし、皮膚の表面が真っ赤に晴れ上がりチクチク痛みを感じるようになります。これを俗に赤ニキビと呼びます。

 

溜まっていた皮脂が毛穴のほうへ押し出され肌の表面に表れています。

 

この段階で、赤ニキビの炎症により肌がダメージを受けて皮膚の表面に表れるのが「ニキビ跡」です。
⇒ニキビ跡の原因について詳しくみる

 

このレベルからニキビ跡ができていくので要注意です。
まだここに至っていない人は進行を防ぐことに専念し、すでにこの状態の人はこちらで改善方法を学びましょう。

 

<レベル4>重症ニキビ

 

 

レベル3の赤ニキビがさらに進行してしまった状態がこのレベル4です。
赤ニキビが気になって触ったり潰してしまったりすることでなる人が多いようです。

 

炎症がすすみ膿んできてしまいます。俗に黄ニキビといいます。
毛穴だけでなく皮下組織などもダメージを受けていると凸凹やクレーターになって残ってしまう可能性があります。

 

完全に消えるかというと難しいところですが、
自己ケアをするよりもまずは皮膚科に行くことをおすすめします。

 

⇒ニキビ跡の種類について