ニキビは皮脂分泌量が増えると、毛穴の皮脂が詰まりアクネ菌が繁殖して発生します。

MENU

ニキビが発症する仕組み

思春期ニキビ

思春期になると皮脂の分泌を促す男性ホルモンが増えるため、過剰な皮脂が毛穴に詰まり、皮脂が大好物なアクネ菌が繁殖します。
そしてアクネ菌によって脂肪酸に変化した皮脂が毛穴に詰まり、ニキビが発症してしまいます。

 

大人ニキビの場合

生活習慣や食事、外的・内的なストレスなど、様々な原因で発症してしまいます。
そもそも皮脂は、毛穴の奥にある皮脂腺から、表皮を保護する為に分泌される物質で、肌が潤いを保つ為に、必要不可欠なものなのですが、必要量をはるかに越した量が分泌されてしまうと、酸化し、固くなり、毛穴をふさいでしまいます。

 

毛穴が塞がれている為、分泌された皮脂は毛穴の中で角質と混ざってコメドになります。

 

医療機関などでコメドを押し出して治す方法もありますが、自分ですると、皮膚を傷つけてしまい、ニキビ跡の原因になってしまうので、やめましょう。

 

医療機関で受けるニキビの圧縮治療には、専用の器具やレーザーで行われ、ニキビが早く治るとともに、その場所にニキビができにくくなります。

 

毛穴からコメドの先が黒く見えている状態のニキビは黒ニキビ、毛穴の中に皮脂が溜まって膨らんだ状態になっているニキビを白ニキビといいます。
この状態でニキビを治してしまえば、跡になることはありませんが、この後、炎症を起こしてしまうと、跡になってしまうこともあります。

 

黒ニキビや白ニキビの状態になった後、毛穴の中にアクネ菌などの細菌が繁殖し、炎症を起こし、アクネ菌から生まれた酵素リパーゼが皮脂を分解して、脂肪酸とグリセリンを作り出します。

 

そして脂肪酸が皮膚に刺激を与え、炎症を起こすので赤く腫れあがったり、化膿したりしてしまうのですが、白血球の働きで細菌が破壊され、やがて治癒に向かいます。

 

ニキビができている時の洗顔は、脂質と古い角質を取り除くことが大事ですので、適度な洗浄力があり、角質を剥離する効果のある洗顔料を使うこと、そして洗顔後は、化粧水や美容液を使って、十分に保湿し、乳液やクリームは避けるようにしましょう

 

 

 

ニキビができる主な原因

睡眠不足

ストレス

活性酸素

紫外線

毛穴