ニキビの発症などに活性酸素が関わっている

MENU

活性酸素が肌トラブルの元

あなたは活性酸素というものを聞いたことはありませんか?

 

活性酸素というのは文字通り酸素の一つなのですが、活動性がたかあく、触れるものに対してさまざまな化学反応を引き起こすという性質をもっています。

 

この活性酸素が原因でニキビの発症、進行、そしてニキビ跡の形成までに影響を及ぼしているといことがわかってきています。

 

ニキビの原因は毛穴に皮脂がつまってしまうことで起こるのですが、このつまりだけではニキビを生じることはありませんし、炎症を生じることはないのです。

 

ニキビが発生するメカニズムとしては、毛穴に詰まった皮脂が活性酸素により酸化されて、遊離脂肪酸や過酸化脂質という物質に変わると、コメドというものがつくられ、
それがニキビということになるのです。

 

コメドが炎症を引き起こし、ニキビを悪化させるものが活性酸素なのです。

 

酸化というのを聞いてよくわからない人もいるかもしれません。

 

酸化というのは酸素と物質が結びつくということなのですが、鉄の場合で言うと酸化のことをサビるといいます。

 

物質が酸素と結びつくとモロくなったり、弱くなったり、壊れやすくなったりするのです。

 

毛穴に詰まった皮脂が酸化されてしまうと、周りの細胞を破壊したり、皮膚の再生を妨げたりします。

 

活性酸素が原因で皮脂が酸化し、ニキビを発症させるということがわかったかと思います。

 

ですので、ニキビを防ぐためにはこの活性酸素を除去もしくは発生させないようにするといことが必要となってくるのです。

 

 

 

ニキビができる主な原因

睡眠不足

ストレス

活性酸素

紫外線

毛穴