毛穴の塞がりがニキビと関係しているようです

MENU

毛穴の大きさとニキビ

一般的に毛穴が大きく、いつも毛穴が開いていると脂っぽい肌になりがちです。

 

逆にキメが細かく、毛穴が引き締まっている肌は逆に脂っぽくなく、乾燥しているか正常な肌質の人が多いようです。

 

ニキビは毛穴が大きく、広がっている人のほうができやすいと思われがちですが、一概にはそうとはいいきれません。

 

大人ニキビの場合、毛穴が目立たないノーマル肌や乾燥肌の人でもできてしまうのです。

 

生理前、気温の急激な変化、飲酒や喫煙、ストレスの増加なのが原因でノーマル肌な人、乾燥肌の人でも多少脂っぽくなったりするものなのです。

 

その結果皮脂により毛穴がふさがり、ニキビが発生してしまうことになります。

 

ですからニキビができていない状態であっても洗顔して毛穴を掃除したあとには必ず毛穴を引き締め、ニキビができにくい状態にしておくことを忘れないようにしないといけません。

 

角化が異常な状態になり、出口をふさがれて皮脂でいっぱいになった毛包でアクネ菌が増殖し、毛穴がどんどん押し広げられ、大きく寝の深いニキビができてしまうのを防ぐためにも常日頃の毛穴ケアはしっかりとしておくようにしましょう。

 

 

 

ニキビができる主な原因

睡眠不足

ストレス

活性酸素

紫外線

毛穴