大人ニキビにはストレスが大きく関係している

MENU

ストレスとニキビの関係

大人ニキビの原因のひとつとされているストレス。

 

もちろん総合的な原因でニキビができてしまうことがよくあるのですが、
仕事や人間関係のストレスによりニキビができやすい人もいます。

 

イライラしたり、心配事が続くと健康がそこなわれたり、円形脱毛症になったりする人もいます。

 

反対に人生が充実していたり、恋や仕事が楽しい状態であると、肌も生き生きとし、髪もつやがでてきます。

 

特に女性の場合は恋をすると、その幸せな気持ちが女性ホルモンの分泌を安定させて肌につやがでてくるというのは既に実証されていますし、そのような経験をしたことも多いことでしょう。

 

それほど精神状態は肌や髪の毛といった体にまで影響を与えるのです。

 

ストレスは自律神経系に影響を及ぼします。

 

自律神経というのは交感神経と副交換神経とから成り、アドレナリンやノンアドレナリンといったホルモンを分泌し、血圧をあげたり、筋肉が収縮したり、とストレスに対抗するために緊張状態になります。

 

ストレスをもたらす対象にも恐怖や心配、怒りなどマイナスな感情も発生させますから、相乗効果により精神面でも緊張状態にもなります。

 

またストレスはホルモンなどの分泌系にも密接に関係しており、ショックや炎症などをやわらげたりもしてくれます。

 

一時的なストレスだと交感神経が働き、ストレスに対するホルモンが分泌されて、その後リラックスする方向に働くのですが、慢性的にストレスが続くと交感神経が働きすぎて、ストレスに対するホルモンを分泌しすぎる状態になり、体に悪影響を及ぼします。

 

交感神経の働きばかりが強まってしまうと、自律神経失調症を引き起こします。

 

自律神経失調症というのは不眠や動機、頭痛、腹痛、倦怠感、うつといった症状に悩まされてしまいます。

 

また、ストレス状態が長く続くと、女性ホルモンの分泌が抑制されることにもなります。

 

その結果、ニキビや肌あれ、髪質が悪くなるといった状態に陥ってしまうのです。

 

ですからストレスは適度に解消していく必要があります。

 

ストレス解消法というのは人によって違ってきますので、自分にあった方法を見つける方法がでてきますが、溜め込むよりも定期的に解消していくようにしていきましょう。

 

 

ニキビができる主な原因

睡眠不足

ストレス

活性酸素

紫外線

毛穴