肌を健康に保つために睡眠は必要不可欠です

MENU

睡眠不足はお肌の大敵

肌の健康と美容を保つために十分な睡眠が必要です。

 

現代人は多忙のため、睡眠時間を削るような生活をしてしまいがちです。

 

睡眠タイムに栄養が肌に補給され、いらなくなった老廃物が代謝により排出され、新しい細胞がつくられます。

 

肌の再生や栄養補給のために、一般的には8時間ほどの睡眠が必要だと言われています。

 

4時間、5時間睡眠で十分だという人もいらっしゃるとは思いますが、
肌にとってはそれは十分ではありません。

 

仕事や学業などで睡眠時間がとれないままでいると皮膚の老化が促進されニキビができやすく、それ以外にもシミやそばかすなどもできやすい状態になってしまいます。

 

また8時間寝ればいいのかというと、そういうわけでもありません。

 

寝る時間というのもお肌に関係してきます。

 

夜の10時から午前2時の間が成長ホルモンの分泌が一番多く、新しい細胞が作られる時間でもあります。

 

古い細胞が新しい細胞に押し出されて、はがれていくという細胞の生まれ変わりがおこる時間でもあります。

 

したがってオールナイトで遊んで、朝帰り、昼間まで寝るという生活は皮膚の再生があまり活発に行われておらず、くすんだ顔にもなってしまうのです。

 

現代人が10時までに床につくということはかなり難しいことですが、
せめて12時までには床に入り眠るという生活を心がけていきたいものです。

 

 

ニキビができる主な原因

睡眠不足

ストレス

活性酸素

紫外線

毛穴