成長ホルモンは夜の22時から2時の間に分泌され、肌の再生が行われます。

MENU

質の高い睡眠でニキビ跡を改善

ニキビ跡の治療中等は特に、肌のターンオーバーが正常に行われることが大切です。

 

肌のターンオーバーの為には、質の良い睡眠が重要となりますがどのような点に注意すれば質の良い睡眠が可能となるのでしょうか。

 

 

夜更かしはニキビ肌の敵

睡眠中に分泌される成長ホルモンによって、肌の再生は行われますが、そのもっとも分泌すする時間帯は夜の22時から2時の間です。

 

また、成長ホルモンが最も分泌されるのは、睡眠に入ってからの約3時間と言われています。
しかもその睡眠の質が良い場合に分泌されやすく、質の良い睡眠が重要なポイントとなります。

 

なかなか寝付けないという場合など、質の良い睡眠をとるにはどのようにすればよいのでしょうか。

 

 

セロトニンに注目

セロトニンは、幸せホルモンとよばれ、精神を安定する効果のあるホルモンです。
このセロトニンが不足すると、イライラなどがおこり、不眠症などになります。
現代人にはセロトニンが不足しがちであると言われています。

 

セロトニンの不足から、睡眠不足だけでなくうつ病にまで発展する場合などもあります。
ニキビに関しては、不眠症も、問題ですが、ストレスでイライラすることでも、ニキビはできてしまいセロトニンの不足には注意しなければいけません。

 

セロトニンを生成する原料は、トリプトファンというアミノ酸で乳製品、バナナなどに含まれている必須アミノ酸です。

 

体内では作られないため食事で摂取する必要があります。
また、セロトニンを作るためには、日中太陽の光に当たることが必要となります。

 

規則正しい生活を心がけ、なるべく太陽の光を当たるようにしますが、紫外線はニキビ肌には大敵なので、紫外線対策はしたうえで太陽の光に当たるようにします。
セロトニンが充分分泌されていると、睡眠にかかせないメラトニンというホルモンが分泌され質の良い睡眠へと導きます。
そのためにも、就寝前には光を発する、携帯の画面や、テレビなどを直前まで見ないようにすることも大切です。

 

 

質の良い睡眠のその他の方法

質の良い睡眠のためには、胃に負担のかかる、消化の悪いものを夜寝る寸前には食べないようにします。少なくとも眠る2時間前には食事は済ませるようにしましょう。

 

眠りに着きやすいように、睡眠前の半身浴などの、リラックスタイムを設け、ストレスの解消なども行うようにしましょう。
就寝1時間前くらいをめやすにし、上昇した体温が普通の体温になる頃に就寝できるようにします。