洗顔方法の見直しをしてニキビを防ごう

MENU

正しい洗顔方法

洗顔する人

これが正しい洗顔法ですっ!

 

こでは正しい洗顔のやり方を学んで自己流を改めましょう!

 

ニキビやニキビ跡を気にしている人は、汚れをしっかり落とそうとするあまり洗いすぎてしまう傾向があります。

 

人それぞれの肌質やニキビ跡の状態によって最適なやり方は微妙に変わってくるかもしれません。
しかし、基本的な正しいやり方というのは誰しも共通です。

 

ぜひ参考にしてください。

 

 

 

 

<1>ぬるま湯で顔を軽くぬらす

 

洗顔石けんをつける前に顔全体を軽くぬらしておきましょう。

 

 

<2>泡立てネットでしっかり泡立てる

 

次は石けんを泡立てます。
ここで大事なのが「泡立てネット」を使うこと。

 

手で泡立てるよりもモコモコ泡立つので便利です。
ぬらした顔が乾かないように手早くしっかり泡立てましょう。

 

 

<3>決してこすらず肌になじませる

 

泡立ったらTゾーンからUゾーン、目と口の周りとなじませていきましょう。
決して手でこすらないようにしてください。

 

手で洗うクセがある人は最初は大変かもしれませんが、「泡だけで洗う」ことを意識しましょう。

 

 

<5>パシャパシャせずに洗い流す

 

手を使ってパシャパシャ洗うのがよくある洗顔のイメージかもしれませんが、これをやると肌にダメージがいきます。
シャワーで手を使わずに直接洗うか、お湯をためてなるべく触らないように優しく洗いましょう。

 

 

<6>キレイなタオルで軽くふきとる

 

必ず未使用のキレイなタオルを用意してください。
ここでもゴシゴシは厳禁です。軽く抑える感じで水滴を取っていきます。

 

 

 

この洗顔方法を朝晩2回続ければ正しい洗顔はバッチリです。
ひょっとしたら間違った洗顔を続けていた人はこの方法に変えてみるだけでニキビ跡の悪化を防げるかもしれません。
ぜひ試してみてください!

 

 

●こちらもチェック!
>>ニキビ跡におすすめの洗顔石けんは?