陥没を持ち上げニキビ跡を治すTCAピーリング

MENU

TCAピーリングで治療するには

TCAピーリングはTCAを塗り、わざとニキビ跡の陥没した周りにある瘢痕組織を壊し、新しい組織を作ろうとする傷を治す力を利用して、陥没を持ち上げてニキビ跡を治します

 

注:TCAピーリングのTCAとは、水に溶けやすい強酸性の物質「トリクロロ酢酸」のことです。これには強い腐食性があります。

 

効果は濃度にも異なりますが、最高濃度である100%のTCA溶液をニキビ跡ひとつひとつに塗布していくのが安全で1番効果のある方法です。

 

治療方法としては、初めにドクターとカウンセリングを行い、お肌の状態や、体質などを相談します。
その後、洗顔・クレンジングを行い、TCA溶液を塗布します。
術後直後から、薬を塗った陥没箇所が真っ白になり、その周囲が赤くなります。
赤くなった炎症は、1~2日で消えることが多いです。その後、白い部分はかさぶたになりますが、この間かさぶたを無理に剥がさないことが重要です。
かさぶたは1~2週間で自然に?がれ、その後、赤~ピンク色になります。
元の皮膚の色になるまでは治療前の皮膚の色によって異なりますが、色黒の方の方が早く、色白の方でも平均で1か月ほどと言われています。

 

治療部位が赤い間は盛り上がる反応が続いている為、次の治療が受けられませんのでご注意ください。
そのため最低1か月はあけてください。

 

翌日よりお化粧は可能ですが、クレンジング時にかさぶたをとらない様に注意が必要です。

 

効果には個人差がありますが、半年ぐらいたつと効果がはっきりとあらわれます。