ビタミンB群を毎日の食事でとることで、新陳代謝を正常にし美肌作りを促進します。

MENU

ビタミンB群のニキビ予防効果

ニキビができやすいという肌は、実は食生活の乱れや生活習慣の乱れから来ている場合がほとんどです。

 

ニキビをこれ以上つくらない、肌作りを助けるのがビタミンB群の摂取です。

 

ビタミンB群の効能

肌に良いサプリ、ドリンク、医薬品などに必ずと言って配合されているビタミンB群。
毎日の食事で取るようにしてニキビの出来にくい肌にするようにしましょう。

 

ビタミンB群は、それぞれが作用が違いますが、お互いに助け合い美肌作りをしてくれるビタミンです。
炭水化物などからエネルギーを作り出すためには欠かせないビタミンです。

 

当然新陳代謝を行うためには、エネルギーは必要となり、ビタミンBの不足から、疲労や、正常な新陳代謝が行われない場合には、肌のターンオーバーも緩慢となり、とくにニキビ跡の治療では肌の再生を促すことが大切となりビタミンB群の不足に注意をする必要があります。

 

ビタミンB6はたんぱく質の代謝に関与しており、たんぱく質をアミノ酸に分解し吸収後丈夫な肌などを作る事に重要なビタミンです。
特にニキビの治療などには効果のあるビタミンで「肌のビタミン」と呼ばれています。

 

ビタミンB12は葉酸と共に血液をつくります。

 

ビタミンB2は、脂質の代謝に関与しており、不足すると肌荒れを起こしてしまいます。

 

ビタミンは、それぞれ1つだけとればよいというものではなく、いろいろなところでお互いに助け合いながら働くため、偏った食事をしているとビタミンの不足から、代謝がうまくいかない等のトラブルが起こるため、バランスのとれた食事をすることが大切です。

 

ビタミンB群を含む食品

ビタミンB群は乳製品、卵、肉類、魚類、小麦胚芽、豆類などに含まれています。
葉酸は緑黄色野菜に含まれています。

 

とくに卵や、牛乳なども食べないベジタリアンの場合は注意が必要です。
ニキビ治療に関しては、とくにビタミンB2とB6の不足が起こらないように気を付ける必要があります。

 

サプリや、ドリンクなどにもビタミンB群を強化した、疲労回復や美肌効果のあるものがありますが
あくまでも補助であるということを踏まえ、毎日の食事でとるようにしましょう。

 

ビタミンB群は水溶性のために、毎日採る必要があります。